毎日なんか作ってます

ゴミ屋敷の片付け、衣食住+庭仕事、時々プライベートで感じたことなど、へっぽこDIY生活情報を中心にお届けしていきます。

猫がいる家にオススメの無垢フローリングワックス、オイル

【スポンサーリンク】

f:id:nekochawan:20180723220239j:plain

こんにちは。
ねこちゃわんです。

今回は前回比較した無垢板、

スギヒノキパインの仕上げに使用したオイル、ワックスを紹介していきます。

我が家には猫がいるので、猫や子どもに安全かどうか塗るのが簡単かどうかを考慮に入れてオイルを選びました。

サンプルを取り寄せて、使用をやめたオイルも一緒に紹介していきますね。

蜜ろう

f:id:nekochawan:20180705194226j:plain

奥の濃いところが塗装部分。手前の白いところが未塗装部分です。

天然物で安心安全なワックス代表といえば蜜ろうです。

シンプルで匂いもせず、手についても全く問題ありません。

蜜ろう肉球保湿クリームという商品もあるくらいなので、ご自宅のワンさんネコさんが口にしても安全でしょう。

もちろん、小さなお子さんとも一緒にDIYできます。

 

私は古いTシャツを切ってウエスがわりにして蜜ろうを塗っていきました。

塗ると板に透明感が出て、手触りもなめらかになります。

蜜ろうを塗ると木の色が透き通って光り、本当に美しい!!

 

DIYリフォームの中でこのオイル塗りが一番好きな作業でした♫

DIYのポイントはとにかく薄く塗り伸ばすこと。

分厚く塗ると、ベタベタする上に、表面についた汚れがこびりついてしまいます。

おまけに油を狙って虫が来るのだそう…

アリンコとか、台所に湧く黒き申し子的なアレとか…

体重をかけて、ごーしごし床を磨くので指が痛くなりましたが、床がピカピカに仕上がった時はとっても嬉しかったです!

f:id:nekochawan:20180705194206j:plain

やった〜!夢の空間が完成〜!!

蜜ろうを塗ってから今年で3年になりますが、今のところ、手触りにさほど変化はありません。

まだメンテナンスをしなくても大丈夫そうです。

 

蜜ろう塗りが楽しかったので、調子に乗って、他の木工家具にも蜜ろうをベタベタに塗ってまわりました。

DIYに興味ない弟もこのオイル塗りは楽しかったみたいです。 

ぬりぬり…

f:id:nekochawan:20180724112207j:plain

使用上の注意はこんな感じ。よく見たら主成分が蜜ろうの他にもいろいろ入ってますね。

キヌカ

ヒノキの床には蜜ろうではなく、キヌカというオイルを使用しました。

蜜ろうだと、板の表面に油の膜ができて白いヒノキが汚れそうな気がしたからです。

あと、ヒノキ自体に油分が多く、蜜ろうだとギトギトになりそう&板の表面に滑らか加工がしてある板だと、手触りが変わる可能性があるため、手触りに影響しないオイルを使用しました。

色々サンプルを取り寄せましたが、キヌカにして正解でした。

f:id:nekochawan:20180705194225j:plain

キヌカはお米からできているオイルなので、小さなお子さんのいる家庭にも安心のオイルです。

もちろん、ワンさんネコさんにも無害です。

飲もうと思えば、飲めるレベルなんじゃないかな?(やらないけど)

無色透明なので、板の自然な色を引き立ててくれます。

匂いは食用油と同じ匂いです。

f:id:nekochawan:20180705194227j:plain
キヌカの塗り心地はとてもサラサラしています。画像は塗装中のもの。

食用の米油とキヌカの違いが謎ですが、広く塗り伸ばせます。

手についてもそのまま、保湿保湿〜♫と塗ってました。

 

キヌカも薄く塗り伸ばすことが大切です。

ウエスでオイルを塗ると、板がオイルを吸いこんでいきます。

吸い込み切らなかったオイルは表面に浮いてくるので、乾いたウエスでしっかり拭き取っていきます。

ハケ塗りは塗りすぎになるので厳禁なのだそう。

 

我が家の場合、オイルを塗りすぎて最初はギトッとしてしまったのですが、時間が経つと良い具合に馴染んできました。

 

とても気に入っているキヌカなのですが、ただ1つ気になっていることがあります。

キヌカを塗った床は、蜜ろうを塗った床ほどには水を弾きません。

(弾くには弾きますが、蜜ろうほど長期間カバーされてない気がします)

溢れた水を拭き取っても、水のシミが残ったりします。

ヒノキの部屋に水槽を置いてしまった住人がいるんだよネー

f:id:nekochawan:20180706193722j:plain

キヌカは細かく塗り直したり、メンテナンスが必要なのかな?と個人的には感じています。

ヒノキ板も色が落ち着いてくすんできたから、次は薄く蜜ろうを塗っても良いかな?

f:id:nekochawan:20180724112328j:plain

使用上の注意はこんな感じ。

ホームセンターではあまり見かけないのですが、キヌカは東急ハンズでも販売されていますよ。 

カインズの水性オイルステイン

床の色を茶色にしたかったのですが、後述のリボスとオスモには問題があったので、他のカラーオイルを探しました。

たまたまカインズの店頭でこのオイルステインを見かけてズッキュン!!ときたので即購入。

買ってよかったです。

原料に合成樹脂や有機溶剤も含まれていますが、「食品衛生法適合商品」、安心安全と書いてあります。

乾けばワンさんネコさんにも問題ないでしょう。

我が家の猫もオイル塗り翌日からこの部屋で過ごしていますが、問題ありません。

少なくとも、他のニスやオイルにありがちなキツイ匂いがしないので、猫が嫌がる様子はありませんでした。

 

カインズの水性オイルステインは塗り心地が軽く、筆やハケで絵の具のようにさらっと塗れます。

手についてもすぐに汚れが落とせ、ハケ洗いも楽でした。

塗ると板に色がスルスルと染み込んでいくので、乾いてから2度塗りします。

水分を塗るため、DIY中は板が膨張します。

乾くと板が縮んで隙間が空くので、細かい板の隙間は翌日に筆で塗りました。

f:id:nekochawan:20180705194222j:plain

以下は個人的に感じた注意点です。

水性オイルステインを塗っても手触りが良くなるわけではない上に、板が水分を含むことで、手触りが少しパサついた気がします。

完全に乾いてから蜜ろうを塗ったほうが良いでしょう。

水性オイルステインはあくまで着色用ですね。

カラーバリエーションもいろいろあります。

f:id:nekochawan:20180724112416j:plain

f:id:nekochawan:20180724112426j:plain

使用上の注意はこんな感じ。

リボス

リボスはドイツ生まれの素晴らしい天然木工用オイルです。

健康やアレルギー防止について徹底的に考え抜かれたオイルです。

www.livos-jp.com

ドイツの製品ってオーガニックコスメにしても、こういうDIY商品にしても、自然や健康に対する理念がしっかりしてるんですよね…

(シュタイナー哲学の影響とサイトには書いてあります)

そういう真面目なところが好きです。

そんな素敵なリボスオイルをヒノキの部屋に塗ろうと思い、サンプルを取り寄せたのですが、残念なことに問題を感じたので使用を中止しました。

 

リボスは本当に良いオイルなんですが、

オレンジの香りがするんです!

超良い匂い〜♫

クッサいにゃ。
頭おかしくなるにゃ。

………

そう。

猫にとって、シトラス系の香りは嫌いな香り&有毒…

これは人間にとっては最高のオイルだけど、猫には良くないかも…

(調べたところ、ワンさんもオレンジの匂いが苦手な子が多いようです)

 

結局、リボスはその他にも、専用のハケ洗い溶剤が必要&ベタッとしているので、床への使用は辞めました。

ザンネーン!!

でも、リボスのカラーオイルは発色が良く、キレイです。

リボスを使用するなら、床ではなく家具にするなど、猫と接触が少ないものに使用するのがいいかもしれません。

f:id:nekochawan:20180724113252j:plain

↑ 私は取り寄せたサンプルを無塗装のテーブルを塗るのに使用しました。(猫、思いっきりテーブルに載ってますが…)

一応、塗ってしばらくすると匂いは消えますよ。

オスモ

ホームセンターでも見かける評判の良い自然塗料です。

www.osmostore.jp

こちらもリボスと同じくドイツ製。

でも、オスモを愛用しているお店の人に聞いたところ、

「オスモは猫には匂いがキツイかもね〜」

とのことだったので、使用をやめました。

ネットで調べてみても、オスモは匂いが強くてなかなか落ちないらしいです。

使用するなら、床よりは家具に使用した方がいいかな。

番外編:柿渋の床

床を茶色く塗る候補として、匂いのしない柿渋も試してみたのですが、床に2度塗りするには思いの外高かったので却下しました。

おまけに柿渋って、放置するとプルプルに固まって使えなくなるんですね…。トホホ。

500mlほど残ってたけど、固まってしまったので捨てました。モッタイナイ!

匂いのある柿渋は安いけど、クッサいんですよね…

匂いがなくて安ければ、柿渋も良いんだけどな〜

番外編:ぬか袋や食用油

これは私はまだ試していないのですが、調べていて「いいな!」と思ったオイルの紹介です。

亜麻仁油、ヒマワリ油などの食用油、米ぬかを木綿の袋に入れたぬか袋なども、安心安全で手軽な床用オイルになるそうです。

ヒマワリ油はお高いキャットフードの原料にも使われていますね。

ホームセンターに行かなくても、大きなスーパーで買えちゃうのが便利!

残った油はもちろん料理にも使えるし、無駄がない!

 

多分、私の予想ではキヌカと同じくサラサラしているため、こまめにオイルの塗り直しをする必要がありそうですが、手軽だから良いなと感じています。

メンテナンスの頻度を考えると、表面にワックスコーティングできる蜜ろうが一番楽にも思えますが…

そこで暮らす人の好みの問題ですね。

 

他にもワトコだの、アウロだの、とにかくいろんな天然塗料やオイルが世の中には出回っているので、調べれば調べるほど油沼にはまるオイル界ですが、結局は昔からあるシンプルなものが一番楽だと思います。

自然塗料オイルがありすぎて、混乱するんですよね…

※ アウロやプラネットカラーも天然塗料ですが、リボスと同じく、猫には有害な成分が含まれているので、施工する場合は注意して下さい。

 

部屋のDIY話は今回で一旦休憩にして、

次回からはマイペースにへんてこ草レシピメンタルリフォーム、雑記も書いていこうと思います。

とりあえず、このブログの趣旨の部屋のDIY体験談はほぼ書ききったかな?

まだ、壁紙貼りや余った床材の利用法などのネタもありますが、それはまた今度…

 

それではまた!

みなさんのDIYライフに幸あれ〜♫