毎日なんか作ってます

ゴミ屋敷の片付け、衣食住+庭仕事、時々プライベートで感じたことなど、へっぽこDIY生活情報を中心にお届けしていきます。

【低予算DIY体験談】ヒノキの無垢床について素人が完全主観で語るよ!

【スポンサーリンク】

こんにちは!
ねこちゃわんです。

前回に引き続き、素人が無垢板について熱く語ります!

今回は

香りの女王

ヒノキ様!!

正直、この記事が一番書きたかった。ヒノキ様について書くために比較検証を始めたと言ってもいいくらい!

香りの女王 ヒノキ様 

今回は(ムダな)エピソードが長いです。

ヒノキ様については語りたいことがいっぱいあるんです。 

先に言っておくと、ヒノキ板はスギの板よりも少し値段が高いです。

それでも、奮発してヒノキ板にしたかったのには理由があるんです。

ヒノキ床にしようと思った理由

ある時、

なぜか母に連れられてお高い温泉旅館に行った時、

とても良い匂いの白い床の部屋

に案内されました。

それがヒノキ様との出会いでした。

 

部屋に入ると、

香を焚いたかのように部屋いっぱいに品の良い木の香りが漂います。

まるで山奥のお寺にいるかのような心の静けさを感じます。

白い床はとても上品で、その表面の滑らかさは高級な磁器、もしくは女の人の肌のよう。

夜に白熱灯をつけると、白い床が光を反射して、空間の時間の流れが変わります。

ノスタルジックかつ、品の良い空間です。

f:id:nekochawan:20180718052940j:plain

その旅館の写真。お風呂もヒノキ風呂でした。

神社仏閣のパワースポットの力の源はヒノキなんじゃないか?

そんな気持ちにさせられる空間でした。

とても4月になると暴力的になる、あの(クソ)ヒノキだとは思えません。

 

白くて温かみのある上品なヒノキ様に惚れた私は家に帰ると早速、

なるべく安いヒノキ板

を探して注文しました。

旅館のと違ってホクロ(節)のあるヒノキ様を注文します。

この決定が後の悲劇を生み出すとは、この時、全く想像できませんでした…

ヒノキ板の印象

またも佐川のオッチャンに勘弁してくれよ…と思われつつも、家にヒノキ様を運んでもらいます。

オッチャン、いつもごめんね!

f:id:nekochawan:20180717222348j:plain

ヒノキ板を見て、まず第一に感じたのはやはり香りです。

このまま風呂に沈めて、ヒノキ風呂にしようか!?

と感じたくらい、いい香りです。

 

けれど、何でしょう?

板の裏にホッチキスの芯のようなものがいっぱい刺さっていて、超危なかったです。

ホッチキスの芯に指を引っ掛けてケガをしました。

さすが安物!

(ホッチキス芯の写真も撮ったのですが、見つからなかったので省略)

f:id:nekochawan:20180717100017j:plain

節はこのようにキレイに加工されています。DIYから3年後の板の様子。

それにしても、シミが目立つ…

ヒノキ板の香り

香りについてはすでに書いてますが、この木自体がアロマってるんですね。アロマッティーヒノキ。

杉や他の板と比べても段違いの香りです。

 

嗅ぐと、精神的に清らかになるような…

ような……

なってないですねッ!!!

(今、ヒノキの部屋でこの文章を書いてます)

気のせいでした。

 

ヒノキの部屋は雨の日か晴れの日かで香りが変わります。

雨の日にヒノキの部屋で寝ると、むせかえるほどの香りがします。

晴れの日は鼻がもう慣れてしまったので、香りが分かりません。

DIYから3年経った今でも床に寝転ぶと、香りが抜けることなく、ムンムンしていますが、普通に生活している分には分かりません。

色味

真っ白です!

新しいヒノキ板は白とピンクがかった色をしています。

f:id:nekochawan:20180705194227j:plain

↑ 右側がオイル(キヌカ)を塗った部分、左が未塗装部分です。

f:id:nekochawan:20180705194208j:plain

↑ 3年前、施行中の画像。ツルッツルのピッカピカです。

旅館で見たのと印象が違うな…。なんか冷たい感じ。

とその時は思いましたが、3年経つと色味が落ち着いてきました。

f:id:nekochawan:20180706193712j:plain

ヒノキは時間とともに、美しい飴色に変わっていきます。

神社仏閣に使われているヒノキも落ち着いた色合いですよね。

今の色が好き。

手触り

私は滑らか加工をしてある板を購入したのですが、

とにかく

ツルッツルのスベスベ

です。

 

触り心地は磁器(中国茶の白い茶器)や女性の肌のよう…

スギくんと違って、木の密度が高いので、気持ちいいけど、購入時はなんかウチの雰囲気に合わないような上品な手触りでした。

 

3年経った今では、踏まれ続けたせいか落ち着き、肌に馴染む感じになっています。

ただし、油分が多いのか、水分を吸うのか、

雨の日は少しベタつきます。

スギくんほどサラサラしていません。

絹や磁器が好きなら、ヒノキ。
綿や陶器が好きなら、スギやパインってイメージを勝手に持ってます。

値段

私は約8畳の部屋をDIYするのに、

送料込み7000円の板を6セット購入しました。

合計42000円(税抜き)ですね。

(今は値段が上がって、1セット税抜き9000円になっています。あと、我が家は1畳が185×92.5cmになる家なので注意!)

 

あれ?? ヒノキ様、もっと高かった印象があったけど、それくらいか。

スギくんは約8畳の部屋で、アウトレット商品を使って約36000円。

もう懐具合と好みの問題ですね。

DIYのしやすさ

杉板よりも少し硬いです。杉板ほどはサクサクカットできませんが、特に問題はありませんでした。

ノコギリで切っても、

ヒノキはいい香り…

問題を強いて言うなら、釘打ちが下手すぎて、一部ボッコボコになったくらい??

f:id:nekochawan:20180717224225j:plain

失敗は、叩いてごまかす、無理でした…(あ、五七五にならなかった)

これはヒノキの問題ではなくて、完全に自分の問題です…

でも、杉の方が加工が楽だったのは確かです。

暮らしやすさ

はい。

今回の最大の暴露ポイントかつ、

この無垢板比較シリーズで一番言いたかったことがこれです。

ヒノキ床、
冷ええっーー!!

秋にDIYした。

満足した。

冬になった。

足も心も泣いた…

 

いや、まさか、床がここまで冷えるとは思わなかったんですよ。

元がカーペットの床でしたし。

悲劇です!!

 一番すき間風の入る、一番外側の部屋に密度の高い板を施工しちゃったもんだから、

足に冷気が刺さる、刺さる!!

とにかく、重度冷え性な私にはもう無理ッ!!

靴下2枚履いても足の裏に冷気が突き刺さって痛いッ!!

そして、暖房をつけても、床が冷たいことには変化無し…

いつでもそれなりにホンワカ温かみのあるスギくんとは大違い!!

ヒノキは密でスベスベな分だけ冷たい!!

冬でもこの部屋だけはスリッパでガシガシ歩いて、なるべく入らないようにしています。

我が家の冬の室温は最低気温、氷点下2度ですよ!?

ヒノキ様の白い見た目も、板の薄さも相まって、冬は超極寒部屋です。

 

もうね、
大後悔です…

逆に夏は過ごしやすいんです。床もひんやりしていて、足触りも最高!!

床でごろ寝するのも香りが立ち込めて気持ちがいい!

f:id:nekochawan:20180706193711j:plain

夏は別荘。

けれど、

毎年10〜5月までコタツと毛布で過ごす、寒い寒い我が家には厳しいものがありました。

 

多分、これはヒノキだけでなく、他の密度の高い床材にも言えることですが、

スリッパ履きが推奨されない無垢板において、厚手の靴下越しにも冷気がバンバン伝わるって、

もうこんなに悲しいことはないんですよ…

1年の半分は床に

この部屋での存在を拒絶されるんですよ…

辛い。悲しい。

※ 当然、合板フローリングだったらもっと極寒部屋になっていたでしょうが、スリッパも履けるし、掃除しやすいというメリットがあります。

汚れやすさ・傷のつきやすさ

結論から言うと、ヒノキ様は白いので、

シミや汚れが目立ちます。

f:id:nekochawan:20180706193722j:plain

(外への出入り口付近の写真)

そして焼けます。

f:id:nekochawan:20180706193723j:plain

ただ、もうこれはヒノキ様の問題ではなくて「住む人の問題です。

ヒノキ様は一般ピープル以下の私には釣り合わないお嬢様だったんですね…

白くてお上品なヒノキ様なので、ズボラで外を行ったり来たりして汚す私には向いてなかったんです。

そして、

南東の一番日差しがキツイ部屋にDIYしたのも間違いだった…

冬でもカーペット焼けを起こしました。

さらに、

杉よりも硬いので、猫の爪痕がついたりはしませんが、代わりに弟がキャスターの椅子を持ち込んだので…

f:id:nekochawan:20180706193721j:plain

↑ ご覧の有様だよ!!

もう、ヒノキ様が不憫でなりません…

ごめんね。住人がこんなにアホで…

もっと丁寧に暮らす人の床になれたらよかったね(涙)

ペット(主に猫)への影響

これはヒノキ板を施工した後に知ったのですが、

ヒノキの匂いは猫が嫌いな香りなんだそうです。

今のところ、我が家のニャンズは元気です。死んでません。

床でも寝ています。

f:id:nekochawan:20180718080500j:plain

↑ ヒノキの床で爆睡する猫(生まれつき鼻が悪い)

しかし、ネットで調べてみたところ、

ヒノキアレルギーを持つ猫もこの世の中にはいる

と分かったので、猫のいる家庭や猫を飼う予定の家庭ではDIYするかどうか考えた方がいいです。

香りを目的にヒノキを選ぶなら、

まずは先にヒノキの香りが大丈夫か猫の様子を見てください。

ヒノキのトイレ砂も猫によってはアレルゲンになり、涙目やくしゃみ、鼻水などの症状が出るそうです。

f:id:nekochawan:20180718084202j:plain

そういえば、ヒノキ床にしてから鼻の良いみいさんが床で爆睡しているのを見かけません。杉の部屋では床上で寝てるのに…

 

犬に関しては花粉症についての記事はありましたが、床や匂いからのアレルギーに関する情報は見当たりませんでした。

でも、人間より嗅覚が鋭いので、香りの強い板は犬猫がいる家にはあまり向かないかもしれません。

なんとも言い切れないので、詳しい人がいたら教えてください。

こたつや他の家具との相性

住民の問題…

住民問題…

f:id:nekochawan:20180718060726j:plain

日当たりがいいので、ヒノキの部屋に大型の水槽を置いちゃってます。

DIY道具の置き場所がないので、なぜかここにおいてます。

水槽の水換え時に水をこぼすと、シミが目立つんですよね…

DIY道具を落とすと傷が付くんですよね…

 

冬にあんまり寒いので、

即耐熱マットを敷いて、その上に絨毯を敷いてコタツを…

f:id:nekochawan:20180706193723j:plain

はい。こんがり美味しく焼けました…

結論を言う。

どっちもダメだ!!

観葉植物も水をよくこぼすズボラ人なら、あまりオススメできません。

ヒノキ様と心地よく暮らすために

どの床でもそうですが、ヒノキ様は特別お嬢様として大切に愛でてあげてください。

決して強い日差しの照りつける南側の部屋などではなく、

家の奥や和室近くなど、雅な空間に施工するのがオススメでしょう。

アクティブに人が出入りする部屋や土が入る出入り口付近よりも、

寝室、書斎などの静の部屋に向いています。

香りが強いため、瞑想したり、デスクワークをしたり、休んだりと気持ちを切り替えたい時の部屋に施工するとその作業を手助けしてくれることでしょう。

 

また、冬はキンキンに冷えるため、

暖かいコンクリート性の家や暖かい地方で使った方がいいんじゃないか?と個人的には思ってます。

あなたが修行僧でないならね!

プチコラム1:
ヒノキの香りの効能

ヒノキの香り(精油)の効果を調べてみました。

リラックス効果、

疲労回復効果、

消臭、

防虫、

防カビ、

鎮静作用、

森林浴効果…

などだそうです。

なんか、調べなくても予想がつく効能だなぁ…

プチコラム2:
ヒノキ様の日本書紀での扱い

 昔々、スサノオノミコトが胸毛をプッチンと抜いて、

「これで宮殿を作るといいよ!!」

と言ったそうです。

杉の髭に続き、今度は胸毛…。

すごいスケールの話ですねぇ〜

胸毛ふみふみ♫

プチコラム3:
ヒノキ様は世界遺産

防虫、防カビ効果の高いヒノキは昔から木造建築に利用されてきました。

世界遺産の建物や重要文化財にも多く使われています。

奈良に行くと1000年以上のヒノキ建築がいっぱい!!

昔ながらの建築って寒い作りをしているのに、よくここで生活できたなぁ…と驚きます。

 

 

ヒノキ様についてはこんな感じです。

悪口っぽいところも多々書いちゃいましたが、

基本的に暮らし方の問題です。

冬に冷たくなる以外はとても良い板です。

ヒノキ様を美しく保ちたいなら、住民に丁寧さが必要!

ズボってごめん!
ヒノキ様!!

 

次回は

特に特徴のないパイン板

について書きます。

パインに対する愛がないので、あんまり参考にならないかも…

 

〜つづく〜 

私が約8畳の部屋をリフォームするのに購入したヒノキ板はこちら。

もし購入するなら、幅と厚みのあるこちらの板をオススメします。

※ ヒノキ板で今からDIYするなら、私は上の商品を購入しますが、床板の種類、商品は大量にあります。最終的には自分でそろばんを叩いて、商品を比べてみてください。