毎日なんか作ってます

ゴミ屋敷の片付け、衣食住+庭仕事、時々プライベートで感じたことなど、へっぽこDIY生活情報を中心にお届けしていきます。

【低予算DIY体験談】無垢床にした理由、メリットデメリットを素人が完全主観で語るよ!

【スポンサーリンク】

f:id:nekochawan:20180706193711j:plain

こんにちは!
ねこちゃわんです。

 

突然ですが、我が家には

スギ無垢フローリングの部屋

ヒノキ無垢フローリングの部屋

パイン無垢フローリングの部屋があります。

 

全部自分で床板を購入して張りました。

そして、我が家には

可愛い可愛い猫🐱がいます。

にゃ〜。
みーさんにゃ。

今回から数回に分けて、

私の使用した安い無垢材の比較とDIY体験談を書いていきます。

 

ただし、

DIY素人による

完全に個人の主観が入った記事

になっているため、

科学に基づくウンチャラとか、

この道何十年のベテランに聞くホニャララとか、

を知りたい人には向いてません!

ごめんね!

まずはじめに…

無垢の床板を選んだ理由 

畳と床が大好き人間だからです。

床に座って生活したり、

床に寝転ぶのサイコー!!

だけど、畳はDIYしようと思ったらサイズの加工ができないし、メンテナンスが必要…

おまけにうちには畳を汚しそうな猫がいる。

なので、畳と同じく、床に座って作業ができそうな無垢材を選びました。

実際、

無垢材にして凄く良かったです!(一部を除いて)

猫による傷がつくけど、それでも良い!!

木の手触りや温もりが畳っぽくて良い!!

フローリングにスギ、ヒノキ、パインを選んだ理由

上記の3つの板は

どこでも手に入るメジャーな板だからです。

おまけに安い!

安くDIYを済ませたいと思ったら、

だいたいアウトレット材を購入することになりますが、アウトレット材で出回ってる無垢材はだいたいスギかパインが多い気がします。

(ヒノキは別の理由で奮発して購入)

 

それに、自分で床を施工するなら、

絶対にどっかで失敗する

だろうから

テキトーな施工をしても、

もったいなくない物が良い!

と考えた結果、

スギとパイン採用です。

 

けれど、

もし、高い無垢フローリング材を施工したいのであれば、

DIYが得意なマッチョメンか、プロに頼むことをオススメします。

ドゥーパ!を愛読書にしているDIY好きな殿方ならともかく、素人が高い床板を扱うのは知識もスキルも必要だからです。

せめて電動工具とかが使えないとDIYするのもったいないだろうな…

 

ちなみに、私が床板のカットに使用したのはアナログな「ノコギリ」です。

丸ノコは怖いので使いません。

刃物が勝手に動くなんてイヤんッ!

それくらいの素人レベルでお考え下さい。

個人的に感じた無垢床のメリット

無垢材に共通して言えるメリットを自分の感じた範囲で書いていきます。

部屋の印象が柔らかくなる

f:id:nekochawan:20180705194206j:plain

陽の光を反射する杉の床板。床が部屋の印象に与える影響は大きい。
上の画像の床が

もし茶色の合板フローリングだったらどうでしょう?

多分引き締まった緊張感のある部屋になっていますね。

床に座ったり、ゴロゴロしたくなる床。

床との距離が近く感じられる部屋。

その方がリラックス効果が高い部屋に思えます。

要するに私は部屋でリラックスしたいんだよ〜

手触りがいい

これは無垢材の種類やランクによっても違うのですが、

素材によって手触りが変わるのが面白いんです。

杉は木の温かみのあるスベスベした手触りだし、

桧は同じスベスベでも磁器や女性の肌のよう…

手で触って気持ちいい物は癒し効果が高い!!

(と私は思う)

杉が綿なら、桧はシルクね!

暖かい

これは合板のフローリングに比べての話です。

中には無垢材選びで失敗して

逆に極寒になった部屋

もありますが、杉の部屋は暖かいです。

杉は冬でも床の冷たさが足裏に突き刺さりません。

スリッパがご法度な無垢材では、暖かさが大事。

おしゃれ

私には昔から

「おしゃれな部屋🌟」

「キレイな部屋🌟」

への強烈な憧れがありました。

そんな憧れを満たしてくれたのが

無垢材の床!

いつも雑誌やテレビでおしゃれな木の家を見て、憧れてたんだよ〜

田舎に引っ越し、頑張ってなんとかそれっぽくなった部屋↓

f:id:nekochawan:20170204143854j:plain

やった〜!
すごく嬉しい!!

今は物だらけにゃ。
本片付けるにゃ!

そうだね…

香りが良い

物によりますが、無垢材は木のいい匂いがします。

家がキャンプ場や山小屋になった感じ。

部屋が旅行先になった気がして、

「家がロッジになったぞ〜!!」

とDIY直後は喜んでいました。

すぐに匂いに慣れて分からなくなりましたが…

それでも、うちに人を家に招くと

「木の香りがする!」

と驚かれます。

ちょっと嬉しい。

でも、香りが猫にとっては毒になる可能性もあるんだよな〜

※ 詳しくは「ヒノキ編」で書きます。

愛着がわく

人の子でも、ペットでも、庭の植物でもそうですが、

世話をして触る回数が増える分、愛着が湧きます。

肌感覚で触れ合うって大事です。

肌からの情報量ってあなどれません。

なんかこう…
「我が家」
「自分の縄張り」
って感じがする!

ネコと同じ感性にゃ。

注意!無垢床のデメリット

良いことばかり書いてしまいそうなので、

無垢材に共通する(と私が勝手に感じた)

デメリットも思い出せる限りズラッと書いておきます。

無垢板を購入する際は、下のデメリットも考慮してみて下さい。 

傷が付きやすい

無垢材の最大のデメリットといえばこれ。

特に安くて柔らかい板だと傷が顕著になります。

ペットがいると、想定していたより穴ぼこになります。

f:id:nekochawan:20180705194205j:plain

キャットタワー横の杉の床。着地の際に爪で穴が空いたと思われる…

杉が茶色いおかげで遠くからだと目立ちませんが、よく見るとヤバい。

汚れやすい

無垢材の表面に水を弾くオイルを塗っていたとしても、

住人がものぐさだとシミができます。

水槽、観葉植物、猫の飲み水、花瓶…

水を交換するときにうっかりこぼしちゃうんだよねー

テキトーに拭いとこー

f:id:nekochawan:20180706193722j:plain

ゲッ!
よく見るとかなりヤバくない??

※ 水槽付近の一番ヤバイところの写真です。普通はこうなりません!

外との出入り口付近や陽の差すところも、焼けたりくすんだりしてます。

梅雨が明けたら磨いとこう…

ちなみに…

オエエ〜

すぐに気付いて拭き取らないと、
にゃんゲロもシミになります。

板が季節や天気によって伸縮する

これはメリットでもあり、デメリットでもあるのですが、無垢材は呼吸します。

天気や季節によって、板が伸縮します。

うちは余裕を持って板の隙間を空けたので大丈夫そうですが、

施工がテキトーな部屋は板が浮いたりもします。

まあ、言うほど気にはならないな〜 

隙間に埃がたまる

無垢材の伸縮を考えて空けた隙間に埃や物が溜まります。

特に厄介なのが猫砂。

猫砂が床の隙間にはまって見苦しいです…

掃除機をかけても取れない場合は

爪楊枝を出動させることになります。

で、
さらにその爪楊枝を隙間に落とすっていう…

節がある

ある日のこと…

ん?
床にがついてる??

ツメもげたにゃ。
血ー出たにゃ。
なめるにゃ。

ギャアアアアッ!!

という事件がありました。

杉床の節に空いた小さな隙間に猫の爪が挟まって取れました。

無垢フローリングの床はどうしてもあちこち隙間ができるため、
ペットと遊んで走り回らせたいなら、

カーペットを敷くか、

節をパテで埋めるか、

無垢材以外の部屋で遊びましょう。

うちはキャットタワーと絨毯で解決しました。

観葉植物や水槽、金属との相性が良くない

「傷が付きやすい」「汚れやすい」と同じ話ですが、水物や金属製の家具との相性はあまり良くないと感じています。

単純に私の水やり、水換えが大雑把すぎるんだよねー

こたつをするとき注意が必要

床に直接こたつを設置すると、そこだけ乾燥して板が割れる可能性があるのでNGらしいです。


でも、

銀色の5mmくらいの断熱マットを敷いてその上にカーペット、こたつを置けば問題なく使用できます。

ヒノキの床、パインの床にこたつを置いて使用しましたが、無問題でした。

念のため、時々床を確認すれば大丈夫でしょう。

f:id:nekochawan:20180706193723j:plain

お分かりいただけただろうか…?

代わりに、
冬の日差しでカーペット焼けが起きました…

重い家具とも相性が悪そう…

伸縮して呼吸する無垢板とタンスやピアノ、大型のベッドなどとの相性はあまり良くない気がします。

ずっと置きっ放しならいいですが、

家具を置いた跡や日差しで焼けた跡がくっきり残ります。

そういうところも畳そっくりだよねー

キャスターのついたイスは絶対ダメ!

床がもの凄く汚れたり、えぐられます。

他にイスがないので、一時的にキャスターイスを使用したところ、

床が押しつぶされて

テッカテカのボッコボコ

になりました。

f:id:nekochawan:20180706193721j:plain

写真じゃ分かりにくいですが、ナメクジが這ったような溝が残る…

彫刻刀ですよ。
キャスターなんて!!

普通のイスでも足に布をはかせることをオススメします。

もしくは、イスの下にカーペットを敷くとかしましょう…

そしてまたカーペット焼けを起こすっていう…

寒くてもスリッパは非推奨

木の表面が傷ついたり、毛羽立つので、無垢材は冬でも靴下推奨です。

我が家は冬に室温が氷点下2度くらいまで下がるため、

密度の高い床材だと地獄を見ます。もう既に見ました…

案外これが1番のデメリットかもしれない…

某床材のせいで
冬は入れなくなった部屋
があるんだな〜

※ 詳しくは「ヒノキ編」にて熱く語る予定

数年おきにメンテナンスが必要

DIYしたときは

定期的なオイル塗りやメンテナンスって素敵やん??

くらいに思っていたのですが、

一通り部屋も片付いてキレイになってくると、

メンテナンスすんのかー。
家具動かすのダルいぜよ…

に変わってきました。

まあ、手触りが変わってからやればいいかな?

番外編:虫の巣になりかねない

湿度の高い時期や暑い時期になると、さも当たり前のように庭から虫が入ってきます。

さも当たり前のように板の隙間に潜って隠れます…

虫からすると無垢材も落ち葉感覚なんでしょうか?

地味に怖いです。

ヤメテー!!

番外編:床の節が紛らわしい

これは地味に嫌だったこと。

床に落ちたキャットフードと節の区別が全然つきません。

f:id:nekochawan:20180707091909j:plain

さて問題です。ここに何粒のキャットフードが紛れているでしょう??

正解は一番下で発表!

にゃんゲロでも発見が遅れます。

ついでに夜中に現れたアシダカさんと節の区別もつきません!

だんだん節が全部虫に見えてきて、夜怖いです。

もうヤメテー!!

番外編:明らかにゾンビの色をした板がある

これは安いアウトレット商品に限った話ですが、明らかにおかしい色の杉板に出会いました。

青紫色で木目がグニャグニャ…

この木目、人の顔に見えるッ!!

多分、何か病気だったんだと思われます…(私がじゃ無いよ。木の話よ)

使えるところだけ切り取って捨てました。

写真を撮ってなかったのが残念ですが、板の選別中にいきなり気持ち悪い板が出てきてとにかく怖かった。


なんかとにかくホラーだった。

 

無垢材の検討編はここまで。

次回は

杉板について私が感じたことをあつ〜く語っていきます。

 

デメリットの方が多いにゃ。
クソにゃ!

うん。書いてて気付いた。
デメリットの方がスラスラ書けた。

それでも、無垢材は可愛いです。

文句あっても、

もう生活の一部だし、

もうボンドで止めちゃったし… 

 

(口調が悪くなって御免なさい)

ホントにマジで安い木材のボンドメはやめとけ。

そいつぁ、浮気、離婚が一切できない結婚みたいなもんだぞ。

みなさんの
結婚生活、
DIYライフに幸あれ〜💖

酷いオチを見たにゃ…

キャットフードの答え:

f:id:nekochawan:20180708235803j:plain

正解は3粒だよ。
分かったかな?