毎日なんか作ってます

ゴミ屋敷の片付け、衣食住+庭仕事、時々プライベートで感じたことなど、へっぽこDIY生活情報を中心にお届けしていきます。

【梅雨のお供に】今が旬!松ぼっくりジャムの作り方

【スポンサーリンク】

いきなりですが、松ぼっくりのジャムを作りました。

f:id:nekochawan:20180621185558j:plain

 
「ええっ!!?どういうこと!?松ぼっくりって食べれるの!!?」
と思われるでしょうが、結論から言うと、

食べれます!

しかも美味しいです!!!

私は毎日ゆず茶のようにお湯に溶かして飲んでます。
 
調理中もアロマテラピーのように松の香りがたちこめて、とっても幸せな気持ちになれます。
松ぼっくりには他の果物のジャムとは違い、松の脂が詰まってるんです。
これが他のジャムにはない美味しさのポイントです♫

f:id:nekochawan:20180621185640j:plain

とろみのある水アメのようなジャム部分。松ぼっくりはアメのよう…

どんな味なの??

味は八朔の皮の砂糖漬けのような酸味と苦味があり、食感も似ています。甘酸っぱいジャムです。
 
しかし、あくまで個人的な感想なので、

おえええぇぇぇぇぇ〜!!

ログハウスの味がするッ!!

と言う、食べ物にあるまじき意見も頂いております。
 

なんでッ?ママレードよりも美味しいでしょうがッ!!?

罰ゲームにしか思えない…

 
一応、松ぼっくりジャムは「ヴァレーニエ」という、メジャーなロシア料理なんだそうです↓
そう聞くと、俄然作ってみたくなったでしょ!?
でも、一応、松ぼっくりジャムが苦手かどうかを判断する方法として、松の匂いが好きかどうかを事前にチェックしてみて下さい。
 
松ヤニや緑の松ぼっくりの香りを嗅いで、オエッ!!となったら、あまりオススメできません。
 
けれど、超良い匂いじゃ〜ん!となった方は、是非とも松ぼっくりジャム作りにチャレンジしてみて下さい。後味もスッキリ爽やかなので、リフレッシュにもってこいです!
 
ただし、一応野生のパワーの溢れるものなので、一度に大量に食べたり、空きっ腹で食べたりするのはやめておきましょう。抜け切らなかったアクが胃にガツンときます…

必要なもの

 

材料
・まだ開いていない緑色の松ぼっくり
・グラニュー糖
・水
 
道具
・多少汚れてもいいステンレス鍋かホーロー鍋
 (脂がこびりつくのでテフロン加工の鍋は×)
・保存用のビン
 
これだけです
材料の比率は
 
松ぼっくり:砂糖:
1:1:1か、
:.: です。
 
そのままパンにつけて食べるのを楽しみたいなら、1::1。
お湯割りを楽しみたいなら、砂糖を松ぼっくりに対して2割~5割ほど多く加えて下さい。
 
あんまり甘いと、水アメたっぷりの松ぼっくりを食べた時に、甘すぎてオエッ!!となります。なりました
 
砂糖は松ぼっくりジャムの赤い色も楽しみたいので、グラニュー糖にします。

収穫について

松ぼっくりの収穫は5月下旬〜6月中旬がベストシーズンだと思います。これを過ぎると松ぼっくりが固くて食べにくくなります。
6月下旬に収穫するときは小ぶりなものや、下の方に生えているものを収穫するといいかも。
雨の後だと、なんだか香りが薄い気がするので、晴れが続く日に採るのがベスト(と思ったけど、作ったら一緒でした)
 
松の種類はなんでも良いっぽいです。私は庭の赤松で作りました。
許可なく公園とか他所の土地のを採らないようにね。

f:id:nekochawan:20180621191929j:plain

手入れを放置していた松ほど松ぼっくりだらけになります。門松には3つしかついてなかった…残念
 
身近に緑の松ぼっくりが無ければ、友人知人に
「庭に松ぼっくりない!?超食べたいんだけどっ!!」と聞いてまわって下さい。
頭がおかしくなったと思われても気にしないでおきましょう。
その人にも松ぼっくりジャムをおすそ分けしたら、その美味しさに黙るはずです。
黙らせて下さい。お願いします。
 
収穫の時は松ヤニで手がベタベタすることもあるそうですが、私は気になりませんでした。気になる人は使い捨てのゴム手袋をしましょう。
むしろ、松葉が刺さって痛いのが問題です。気をつけて下さい。軍手も余裕で貫通してきます

f:id:nekochawan:20180621192551j:plain

2回目の収穫。いっぱい採れました。これで623グラム。

作り方

松ぼっくりの収穫が終わったら、ここで重さを測っておきます
ボウルに入れて松ぼっくりを洗い、ヘタの部分を包丁で切り落とします

f:id:nekochawan:20180621192506j:plain

あとはたっぷりのお水で一晩漬けてアク抜き。私は20時間くらい放置したかな?

f:id:nekochawan:20180618002541j:plain

アク抜き中も脂が浮いてきて、良い匂いがするので、キッチンに来るたびに匂いを嗅いでいました。

リフレッシュ!リフレッシュ!!

日常の中の贅沢タイムです。お寺の香り〜
 
一晩置いたら水を捨てて、さらに10~20分ほど煮込んでアク抜きします。
私は10分ほどアク抜きしたんですが、ほんのり後味にエグ味が残ったので、15分~20分くらいがちょうどいいかも??
モヤっとしたアクもオタマですくって捨てます
 
アク抜きできたらお湯を捨てて、ザルに上げ(このザルにも脂がつくので注意)分量の水と砂糖半量を加えて中火で煮ます。この間もアクが出てくるのでオタマですくって捨てます。
 
20分ほどしたら、残りの砂糖を加えます。そのまま、赤くなるまでグツグツ
鍋に松脂の塊ができると後で洗うときに大変なので、時々ジャムの縁をおたまでこそぎます。
 
いくら待っても赤くならないと心配していたら、煮込み始めから45分ほど経った頃、いきなり赤くなりました。

f:id:nekochawan:20180618002645j:plain

とっても綺麗です!

赤くなり、松ぼっくりが開いて柔らかくなったら完成です!
(時期によっては、いくら煮込んでも松ぼっくりが柔らかくならないことがあります。その場合は松ぼっくりを食べずに、お湯で割るなどしてエキス部分を楽しんでください)
 
大体ここまでで煮込み時間は1時間以上圧力鍋がある人はそれを使った方が良いです。
よく消毒したビンに入れて保存しましょう。(私は密閉ビンが無かったので冷蔵庫で保存)
 

f:id:nekochawan:20180618002717j:plain

もったいないので、松の水あめのついた鍋に炭酸水を入れ、洗うついでに飲んじゃいます。松ぼっくりサワー美味しいです。
 
冷やすとジャムが固まって、松ぼっくりの水アメがけみたいになります。
松脂がブレンドされて、つやつやと滑らかな水アメです。

f:id:nekochawan:20180618002759j:plain

密閉保存じゃない場合、カビるかもしれないので、夏までには食べ切りましょう。

オススメの楽しみ方

常温でサラサラしているうちは炭酸水で割って、松ぼっくりサワーを楽しめます。
水あめ状になったら、お湯割りが1番かな?気分転換したい時に飲んでます。
 
あと、パンやパイにすると、素敵な香りが生かせてとっても美味しいらしいです。
クッキーなど、ママレードを使うレシピのママレード代わりにもなりそうですね。
松ぼっくりを刻んで、クリームチーズとカナッペにしても合うと思います。

松ぼっくりの効能は??

松ぼっくりの効能もついでに調べてみました。
う〜ん、松の実や松の葉の効能は見かけても、松ぼっくりの効能は見当たりません。
 
でも、松の実や松葉に効能があるなら、松ぼっくりにも驚きの効能があるはず…(抗ガン作用とか、若返るとか、不老不死になるとか、お金持ちになるとかを期待)
松ぼっくりエキスは美容や抜け毛に良いそうですが、食べる分には謎です。図書館の本に載ってるかな?
 
まあ、美味しいから効能とか気にせず食べちゃいます。(リサーチ不足ですみません)
 
 
松ぼっくりジャムは梅仕事などと同時並行で作ると、時間を持て余さずに調理できます。
 
梅雨こそ香りの良いものを作って楽しみましょう♫
最後までご覧頂き、ありがとうございました!